カイロプラクティックにできること

カイロプラクティックにできること。

カイロプラクティック「カイロプラクティック」は多くの人が一度は聞いたことのある名前だと思いますが、実際カイロプラクティックの治療を体験したことのある人は少ないのではないでしょうか。

今から1世紀以上前にアメリカで生まれた自然療法で、現在ではWHO(世界保健機関)にも認められ、世界90カ国以上に広まっています。40か国以上で脊椎ヘルスケア(保健)の専門職として、カイロプラクティックの資格が公的に認められています。国によっては保険の適用もあります。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなど海外の資格では、背骨などの関節を手技療法で調整する以外にも、プライマリー・ヘルスケア・プラクティショナー(第一次保健医療従事者)として、患者の診断やレントゲンを撮影する権利が認められています。日本ではまだカイロプラクティックの資格は認められていないために、様々な教育を受けた人々がカイロプラクティック治療を行っているのが現状です。週末講習会からはじまり、1~2年のパートの短期教育から専門大学教育まで、カイロプラクターによって受けてきた教育内容に大きくばらつきがあります。カイロプラクティックではボキボキ骨を無理やりならす、または怖いといったマイナスイメージがある方は、ぜひ資格についての項目をお読みください。カイロプラクティックについてのわかりやすい解説とともにこうした海外と日本の違いについても説明します。

ギリシャ語でχειρο(カイロ)は手、πρακτικός(プラクティコス)は技術を表します。カイロプラクティックにできること、それは薬や外科手術を使わずに手技療法(徒手療法ともいいます)を中心とした自然な方法でみなさんを健康にすることです。

これからカイロプラクティックを知りたい方、また知っているけどその情報は正確なのかを確認したい方はぜひ、カイロ&プラクティックをご覧ください。このサイトは、多くの参考文献と資料をもとにして作成され、カイロプラクターや医療資格者に協力して頂き正確な情報をお届けします。