カイロプラクティックって?

どんなものなの?

100年以上前に創始された、アメリカ生まれのカイロプラクティック。

1895年9月18日にアメリカ・アイオワ州ダベンポートでDDパーマーによりカイロプラクティックは創始されました※1。パーマーは同じくアメリカで生まれた手技療法であるオステオパシーをはじめ様々な伝統医学から影響を受けました※2。またカイロプラクティック治療で主に使用される脊椎手技療法(マニピュレーション)の起源については、紀元前5世紀ごろにギリシャで活躍した「医学の父」と呼ばれるヒポクラテスの書物「関節について」の中で述べられています※3。古代からある脊椎手技療法に、神経系の働きという独自の理論をつけたDDパーマーに始まったカイロプラクティックは、今では4年から6年の専門大学教育を履修したうえで、公的資格として正規な職業として社会に認知されるようになりました。

日本には、1916年にアメリカのパーマーが創設した学校で学んだ川口三郎が伝えました。その後、民間療法として広まり、1995年には日本で初めて専門大学教育としてRMIT大学カイロプラクティック学科日本校(現在の東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック)が開校し、2005年には国際的に正式なカイロプラクティック学校として認可を受けました。

国連の一機関であるWHO(世界保健機関)が2005年に発行したカイロプラクティックのガイドラインでは次のように定義されています。

「神経筋骨格系の障害とそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職であり、関節アジャストメントおよび/もしくはマニピュレーションを含む徒手治療を特徴とし、特にサブラクセーションに注目する。」※4

これをわかりやすく解説すると下のようになります。

「背骨のゆがみを手技によって調整することで、神経系の働きを高めて健康を回復する自然療法です。現在では専門資格が必要な職業として認められています。」

西洋医学との大きな違いは、西洋医学では薬で症状を抑えたり外科手術で患部を摘出したり病気を診ますが、カイロプラクティックでは薬や外科手術を用いずに手技療法や保存療法を用いて患者の自然治癒力を高めます。つまり患者が今どれくらい健康なのかを診ます。

心身のストレスに対して体は通常適応力を発揮しますが、ときとして様々な要因により神経系のバランスを崩して、背骨の周辺に痛みや不快感またそれに伴った体全体の不調などを引き起こします。そこでカイロプラクター(カイロプラクティック施術者)が専門的な施術をすることで痛みや不快感が自然に解消され健康になります。

【参考文献】
※1スコット・ハルデマン(1993) 『カイロプラクティック総覧』エンタプライズ 33pp.
※2スコット・ハルデマン(1993) 『カイロプラクティック総覧』エンタプライズ 13pp.
※3スコット・ハルデマン(1993) 『カイロプラクティック総覧』エンタプライズ 7pp.
※4世界保健機関(2005)『カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン』日本カイロプラクターズ協会 9pp