カイロプラクティックを知りたい

研究について知りたい

有効性、安全性、経済性、その他調査の報告書について

海外の多くの国々では国家予算を用いてカイロプラクティックに関する研究を行ってその有効性と安全性を認めています。また経済性や国際的な広がりの調査などの報告書があります。こうした研究論文や調査をまとめた報告書のご紹介です。

カイロプラクティックの研究や調査報告書


日本政府(当時の厚生省)は1991年に「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究」通称、三浦レポートでは、カイロプラクティックの安全性と有効性を認めないとする報告をしました。しかしながら参考文献が一切なく報告書としては不十分な内容でした。この三浦レポートが作成された背景には、満足でない教育を受けた者がカイロプラクティック施術を行い治療事故が増えたためであったといわれています。