プロフィール

監修

竹谷内啓介(たけやち けいすけ)

2002年RMIT大学カイロプラクティック学科卒業。東京カイロプラクティック代表。現在、一般社団法人日本カイロプラクターズ協会(JAC)会長、アジア太平洋カイロプラクティックドクターズ連合(APCDF)副会長、国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)役員、世界カイロプラクティック連合(WFC)役員を務める。共訳「カイロプラクティックテクニック総覧」(産学社エンタプライズ)、「脊椎のリハビリテーション上・下巻」(産学社エンタプライズ)、「カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン」(世界保健機関)、「カイロプラクティックの安全性に関するガイドライン」「カイロプラクティックの広告に関するガイドライン」(以上、日本カイロプラクターズ協会)ほか。

協力

吉川祐介(よしかわ ゆうすけ)

按摩・マッサージ・指圧師、鍼師、灸師免許取得。神奈川県藤沢市にあるウイケアカイロプラクティック&ナチュラルケア院長。日本カイロプラクターズ協会理事長、教育委員長。
1982年 神奈川(旧小田原)衛生学園専門学校卒
1992年 上海中医薬大学(旧中医学院)国際中医学トレーニングセンターアドバンスコース修了
2007年 RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒

竹谷内克彰(たけやちよしあき)

1997年東京医科歯科大学医学部医学科を卒業後、福島県立医科大学整形外科に入局、同大大学院を卒業。脊椎脊髄疾患を専門として大学病院、市中病院で診療に携わる。2006年RMIT大学カイロプラクティック学科日本校入学。卒業後は整形外科医、カイロプラクターとして臨床に携わりながら、東京カレッジ・オブ・カイロプラクティックで医学系科目の講義を担当。

現職:よしかわクリニック整形外科(埼玉県所沢市)
   東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック非常勤講師
資格:日本整形外科学会認定整形外科専門医
   日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
   日本統合医療学会認定医
所属学会:日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本腰痛学会、日本統合医療学会

北條善之(ほうじょう よしゆき)

北條カイロプラクティック院長。2003年RMIT大学日本校健康科学部カイロプラクティック科(優等)卒業。応用理学士(医科学)、カイロプラクティック理学士取得。同年日本赤十字社救急法救急員認定。2009年柔道整復師免許取得。Activator Method Chiropractic Techenique上級認定およびInternational College of Applied Kinesiology Australasia認定。

奥山由美(おくやま ゆみ)

医師、カイロプラクター(DC)。
2004年5月 米国ウェイク フォレスト大学(Wake Forest University)卒業。理学士(化学)。
2008年3月 米国ウェスタンステーツ・カイロプラクティック・カレッジ(現ウェスタンステーツ大学 University of Western States)卒業。DC(ドクター・オブ・カイロプラクティック)。
2008年4月~2009年1月 米国ウェスタンステーツ・カイロプラクティック・カレッジ付属外来クリニック勤務(クリニシャン)
2014年3月 国立浜松医科大学卒業

齋藤香(さいとう かおり)

2002年3月 水戸赤十字看護専門学校卒業(看護師)
2002年4月 水戸赤十字病院 膠原病病棟勤務(4年間勤務)
2010年3月 RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒業
2010年4月 赤坂外来センター勤務
2013年4月 メディカルプラザ市川勤務

佐々木空(ささき ひろし)

2005年 RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒業(優秀賞受賞)。カイロプラクティック理学士、応用理学士取得。
2005年 RMIT大学留学生奨学金獲得
2006年 RMIT大学大学院に留学
2010年 RMIT大学大学院博士課程 修了
2010年 博士号取得
2011年 リガーレカイロプラクティック勤務

坂西龍之介(ばんざい りゅうのすけ)

2007年 RMIT大学カイロプラクティック学科日本校卒業
2006年 RMIT大学メルボルン本校で行われたWCCS(世界カイロプラクティック学生会議)参加
2007年 Golden Key International Honor Society, Australia, Asia-Pacific Region会員
2008年〜2010年 米国パーマーカレッジ・オブ・カイロプラクティック(Palmer College of Chiropractic)大学院進学(専門は臨床研究)、パーマーカイロプラクティック研究センター(Palmer Center for Chiropractic Research)研究員
2010年 ACC-RAC(カイロプラクティック大学協会・研究課題学会)審査員
2011年 「International web survey of chiropractic students about evidence-based practice: a pilot study」出版
2011年 神奈川県藤沢市にあるウイケアカイロプラクティック&ナチュラルケア勤務

取材やお問い合わせは下記のEメールアドレスまでご連絡ください。
editorial@chiroandpractic.com

【参考文献・資料】

1.  日本統合医療学会編
『統合医療-基礎と臨床- Part 1&2』株ゾディアック, 2007年
2.  菊地臣一著
『補完・代替医療 カイロプラクティック』金芳堂, 2006年
3.  越智隆弘、菊地臣一著
『第17巻 整形外科プライマリケア』金原出版, 2005年
4.  D. Peterson & T. Bergmann著
『カイロプラクティックテクニック総覧・新版』エンタプライズ, 2007年
5.  メリデルIガッターマン著
『カイロプラクティックマネジメント』エンタプライズ, 1996 年
6.  Cooperstein & Gleberzon著
『カイロプラクティック・テクニック・システム』エンタプライズ, 2005年
7.  スコット・ハルデマン著
『カイロプラクティック総覧』エンタプライズ, 1993年
8.  メリデル・ガッターマン著
『カイロプラクティック・サブラクセーション』エンタプライズ, 1997年
9.  竹谷内宏明著
『カイロプラクティック用語集』科学新聞社, 1997年
10. 竹谷内宏明、竹谷内伸佳著
『脊柱・骨盤のテクニック』科学新聞社, 1989年
11. 竹谷内宏明、竹谷内伸佳著
『四肢のテクニック』科学新聞社, 1991年
12. 中川貴雄著
『脊柱モーション・パルペーション』科学新聞社, 1986年
13. 中川貴雄著
『四肢のモーションパルペーション上巻・下巻』科学新聞社, 2001、2005年
14. T. Yochum & L. Rowe著
『大系骨・関節の画像診断I&II』エンタプライズ, 1999年
15. 新関真人著
『臨床で毎日使える図解姿勢検査法』医道の日本社, 2003年
16. ガリーM.グリーンスタイン著
『神経筋骨格障害の臨床評価』エンタプライズ, 1998年
17. Craig Liebenson著
『脊椎のリハビリテーション上巻・下巻』エンタプライズ, 2008年
18. 世界保健機関編、日本カイロプラクターズ協会訳
『カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するWHOガイドライン日本語訳第3版』, 2011年
19. 日本カイロプラクターズ協会編
『カイロプラクティックの安全性に関するガイドライン』, 2013年
20. 日本カイロプラクターズ協会編
『カイロプラクティックの広告に関するガイドライン』, 2013年
21. 竹谷内克彰著
『ヘルシー・エイジングに役立つカイロプラクティック』医学と看護社, 2014年
22. W・ペッパー著
『カイロプラクティック脊椎手技療法』医道の日本社, 1977年
23. 鈴木正教著
『カイロプラクティック概論』たにぐち書店, 2006年
24. ジョセフ・ジェンシー著
『カイロプラクチックの理論・応用・実技』科学新聞社, 1974年
25. David Chapman-Smith著
『The Chiropractic Profession』NCMIC Group Inc, 2000年
26. Thomas F. Bergmann, David H. Peterson著
『Chiropractic Technique: Principles and Procedures』Mosby, 2010年
27. Scott Haldeman著
『Principles and Practice of Chiropractic』McGraw-Hill Medical, 2004年
28. Scott Haldeman, David Chapman-Smith, Donald M. Petersen編
『Guidelines For Chiropractic Quality Assurance And Practice Parameters: Proceedings of the Mercy Center Consensus Conference』Jones & Bartlett Pub, 2004年